昭和45年創業。八尾市の一戸建・マンション等の不動産物件情報が満載、八尾市の不動産情報は阪奈住宅株式会社へおまかせ下さい。 【大阪府八尾市の不動産会社】

阪奈住宅株式会社

TEL:072-996-3327営業時間:9:00~20:00 休業日:水曜日
昭和45年創業。八尾市の不動産は当社へ
  1. トップページ
  2. バリアフリー設計・耐久構造設計(構造・工法)

当社こだわりのバリアフリー設計・耐久構造設計
安心・安全に住める住宅をご提供するため、日々の努力を怠りません。

構造・工法

 

基礎構造

基礎高は建築基準法の240mmより高い400mmとし、鉄筋コンクリート【ベタ基礎】を採用。従来の【布基礎】と違い、建物全体が一枚の基礎で支えられ、不同沈下による建物の狂いがなく耐久性に優れています。さらに、特に力のかかるコーナー部分については【コーナー補強】を施工し耐力を上げています。

防湿・防腐

基礎下には【防湿シート】を敷きこみ、地面からの湿気を防いでいます。 基礎天端と土台の間には【基礎パッキン】を施し 基礎の強度を落とすことなく均一な床下換気が可能となり、土台を湿気から守ると同時に従来の床下換気口方式より、1.4倍の換気効率があります。また、床下を支える束(つか)には、腐食やシロアリの被害を受ける心配がないナイロン樹脂の【プラ束】を採用しています。さらに、基礎天端より1m上部までは【防蟻工事】を施しシロアリから木を守り耐久性を高めています。

通気構造

外周壁は【パッシブ構造】となっているため、いつも自然換気が行われ柱をはじめ構造材の耐久性を高めています。



コア構造

二階の柱を一階の柱の上に配置し、梁(はり)・桁(けた)のサイズが均等な【コアシステム】を組んでいます。これは建物の重量が、均等に分散し、長い年月においても狂いが生じにくく、台風や地震にも強い構造となっています。


骨太構造

通し柱は【エンジニアリング・ウッド】120mm×120mmを使用し、一階の梁は270mm、筋交いは45mm×90mm、根太・垂木は45mm×60mmと強度重視の【骨太構造】となっております。また基礎と通し柱の固定には【ホールダウン金物】を、筋交いには【筋交い金物】を使用し耐震性を高めています。


剛床構造

厚さ28ミリの構造用合板を直接固定し躯体の一体化を図ることで地震などによる水平力を地盤へ分散させ建物の堅牢化を実現します。


乾燥材

構造材は乾燥材を使用していますので、長い年月が経っても狂いが少なく、建物仕上がりの精度も高いものとなっています。
また、乾燥材であることは防カビ・防蟻・防腐に効果があり、住宅の耐久性を高めています。


プレカット材

骨太構造は、コンピューター制御のプレカット工場で加工されますので、大工職の手加工と比べて精度が高く、緩み・ガタつきのない、確かな品質の木造軸組みとなっています。


バリアフリー設計

段差

高齢者や幼児は少しの段差でもつまずくことが多く、家庭内災害の元凶となっています。阪奈住宅新築では、廊下とリビングの間の敷居に段差をなくしています。


階段

階段は家の中でも最も事故が多いところですが、阪奈住宅の新築住宅では、ゆるやかな【15段・曲がり階段】を 採用し、万が一の転倒にも配慮しています。



 

有害物質

クロス接着剤は、ゼロホルマリンを使用し、人体に有害なホルムアルデヒドを排しています。

このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP